会社概要

BioClinicaの歴史

BioClinicaの歴史は、画像診断コアラボ業界の先駆者であるBio-Imaging Technologiesが設立された1990年に始まりました。その質の高いサービスから、同社は急速に定評を打ち立て、継続的な成長と成功を遂げました。より多くの製薬会社によって治験テクノロジーが重視されるようになるにつれ、Bio-Imagingの経営陣は顧客に完全な治験管理ソリューションを提供するためにサービスプロファイルの拡大を追求しました。このビジョンによって、成長中のeクリニカル ソリューションのプロバイダーであったPhoenix Data Systemsが買収され、BioClinicaが誕生しました。

Click on image for larger version

長年にわたり、BioClinicaは社内の技術革新と戦略的買収を通じてその治験管理サービスの構築を続けてきました。これらの買収は、テクノロジーおよび開発チームと業務支援チームの両方を合併させる上で当社の成功と成長に大きく貢献しました。

2013年初期、BioClinicaは一流の画像診断コアラボおよび心臓安全性サービスのプロバイダーであるCoreLab Partnersとの合併を完了しました。最も経験豊かで信頼されている医療画像管理の権威であるこれら2社がひとつになったことで、明らかな業界リーダーが誕生することとなりました。

2014年、BioClinicaは医療画像診断サービス、患者のリクルート およびバイオマーカー分析を含む臨床サービスに高度に特化したCCBR-Synarcとの合併を完了しました。この合併により、BioClinicaの科学リソースはさらに多くの治療領域に拡大し、患者のリクルートと臨床開発という高成長分野の補完的サービスが導入され、製薬、バイオテクノロジー および医療機器業界でさらに広範でより多様な治験サービスが提供されることになります。

協同作業の力を信じる会社として、BioClinicaは一流のサービスおよびテクノロジープロバイダーとの提携を通じて、その能力の拡大を続けています。このアプローチにより、当社は科学および医学専門知識、業界一流のテクノロジー、および広範囲にわたる治験経験におけるさまざまな能力を活用して、総合的な治験支援を提供することが可能になっています。

BioClinicaの概要

  • 画像診断および心臓血管系コアラボ、eクリニカル ソリューション、治験患者のリクルート およびバイオマーカー分析
  • 社員数は全世界で1200人以上
  • 米国、ヨーロッパ およびアジアに事業所および業務事務所
  • 治験数は4000件以上
  • 顧客企業は、大手製薬およびバイオテクノロジー企業20社を含む400社以上
  • 操業年数30年以上
  • FDA承認数80件以上