ABPM、遠隔モニタリング、脈波分析

BioClinicaは、治験向けの血圧モニタリング実施におけるグローバルリーダーです。科学的専門知識、経験、運営および規制に関するリーダーシップにより、プロトコール設計からレポート作成までの治験の全段階にわたり、心臓安全性試験を支援します。

心臓安全性試験にBioClinicaをお選びください。

  • 28年を超える経験を持つABPMサービスのグローバルリーダー
  • 学会認定の心臓学医と認定心電検査技師(CCT)
  • ICHおよびFDAと共に規制および産業ガイドラインの作成に参加

BioClinicaは臨床試験の固有なニーズに対応できる血圧関連サービスと専門知識を提供します。

充実した携帯型24時間血圧モニタリング(ABPM)サービス

  • 最適なABPMデータの回収を実現するプロトコールの設計と審査
  • 治験装置の標準化と治験実施施設トレーニング
  • 治験の特定要件を満たすための多様なABPMテクノロジー
  • 症例報告書(CRF)の推薦
  • リアルタイムの品質管理チェックを可能にするウェブベースのABPMプラットフォーム
  • 試験基準に基づく血圧閾値の通知
  • 高度な統計レポートの作成

自動血圧モニタリングには、被験者にとって快適な環境で変動性や転記ミスのない高品質なデータを得られる利点があります。血圧データにリアルタイムでアクセスできる当社のリモートモニタリングソリューションと組み合わせると、治験スポンサーは血圧傾向を早期に特定できるため、治験の設計を早期に適合させて安全性モニタリングを高めることができます。

自動血圧測定サービス

  • 家庭またはオフィス向け自動血圧測定サービス
  • 全治験実施施設の血圧測定装置を標準化およびキャリブレーション
  • 血圧データをWebHeartテクノロジープラットフォームと統合

遠隔モニタリング

  • 被験者の血圧データを直接測定し、中央分析のため電子的に転送
  • 治験ウェブポータルを通じて血圧データにリアルタイムでアクセス
  • 治験特定のプロトコールパラメーターに基づいたアラート通知
  • データ転送から分析および提出までの完全な監査証跡
  • 患者のコンプライアンス、時間およびコスト節約を向上

脈波分析

  • 以下を含む非侵襲性の臨床施設で行う中央記録方法
  • 脈波分析
  • 中央大動脈の収縮期血圧(CASP)
  • 24時間中央大動脈収縮期血圧(24時間CASP)
  • 脈波伝播速度